情報商材、高額塾関連の「被害者の会」発起の為の中継を開始いたします。


応援のクリックをお願い致します。

 

 

 

こんにちは、マヒロです。

 

 

 

昨日、弊サイトに以下の様なコメントが届きました。

※一部個人を特定する部分に〇〇を用いております。

はじめまして。○〇〇と申します。
 
わたしは、〇〇〇〇の〇〇塾〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇詐欺被害者です。
〇〇塾の被害者の会があることを知り、コミュニティーに参加をして入塾費の返金請求をし
返金されました。損害金や慰謝料はありません。
今日までたくさんの被害者の人たちは、返金を勝ち取ってきました。
ですがここ最近は個人的の請求に対して、〇〇塾側は無視をするようになりました。
弁護士を通して(第三者)の話し合いでの和解などを求めてきます。
しかも全額返済でなく、3分の1・3分の2・2分の1など基準はわかりませんが、請求者によってバラバラです。
 
最近、株式会社○〇〇代表・〇〇○〇〇ひきいる関係者各位が
詐欺目的で消費者をだましていることがわかりました。
様々な案件を出しますが、それらすべての登場人物など、撮影のために作られた人物だということです。
〇〇○〇〇役をしている者は、関係者〇〇〇〇という人物が運営する会社の従業員の
〇〇と言うこともわかっております。
〇〇が出す案件のコンテンツホルダーというコンテンツを作成している人間が〇〇〇〇という人間になります。 
以前〇〇が出していた案件に登場しておりました、あの〇〇〇〇です。
数ヶ月ほど前に○〇〇〇〇アフィリエイトセンターのプロモーション
『〇〇大学』というものも内容もバイナリーオプションでした。
実はこの裏幕も〇〇〇〇○と〇〇〇〇です。
演者の〇〇○〇〇という元大学教授と名乗っている人間は
あくまでもプロモーション撮影のカメラマンアシスタントにすぎません。
 
このようなことから私たち被害者は、〇〇・〇〇〇〇各関係者(インタビューア〇〇○など)を
告訴することになりました。
告訴するにわたり、被害者を集めています。
ひとりでは、費用などの問題で泣き寝入りしてきた人たちも
同志が集まれば問題の解決になると思います。
まだ始まったばかりです。いろんな所から呼びかけていきたいです。
 
ここのブログ運営管理者さんにたどり着いたのも
被害にあった人たちに呼び掛けて頂きたく、メールをしました。
またこのような被害者を出さないように、これからのインターネット情報販売にメスを入れたいのです。
 
株式会社〇〇○(〇〇○〇〇アフィリエイトセンター)〇〇○〇〇、及び
〇〇〇〇を告訴する同志を集めます。
すでに返金・和解されている方でも、関係ありません。損害金・慰謝料など請求権はあると思います。
 
ブログ運営者様のお力を、かしてください。アドバイスなど教えてください。
 
よろしくお願い致します。

 

 

 

以前から情報商材高額塾返金レビュー検証のご相談は多く頂いておりましたが

今回は初めて「被害者の会」を発足する為の力を貸してほしいとのご連絡でした。

 

 

 

現在ネットビジネス情報商材で損をしたことがある方は巨万といるでしょう。

何を隠そう私もその中のひとりですし、業界全体でのその額は億を優に超えています。

 

 

 

そうなれば必然的に「被害者の会」なるものが

発足されるのが自然な流れだと思いますが

被害を被った個人個人は情報弱者であることが多く

だからこそ搾取されてしまったといっても過言ではありません。

 

 

 

そんな情報弱者が改めて多くの同志をネット上で集めるというのは

至難の技だというのが容易に御察しいただけるかと思います。

 

 

 

とはいえ弊サイトは業界全体を見渡し

そんな詐欺師共に一矢でも報えればという思いと

被害を全体的に少しでも減らすために活動をしており

一つの「被害者の会」に注力することはポリシーに反しております。

 

 

 

そこで今回、弊サイトの集客力と情報発信力を利用すれば

そういった被害にあわれた上でどうにかして返金をさせて

且つ他の同じ被害にあわれた方の力になりたいが

何をしたらいいかわからないという方々の為の

力になれるのではと感じました。

 

 

 

そこで弊サイトでは本日より

情報商材による「被害者の会」の発足の手助けをする事としました。

 

 

 

弊サイトの被害者の会」発足の中継を利用される上でのルール

以下に記載しておきますので御覧頂いた上でご利用ください。

被害者の会」の発起人は弊サイト宛にその旨と以下情報を記載の上ご連絡ください。

  • 発起人名(ニックネーム)
  • 被害にあった情報商材名
  • 告訴、返金訴訟対象の会社名及び個人名
  • 被害に会われた方が連絡するメールアドレス

連作先:mahiro@info-oz.com

 

 

 

既に弊サイトで発起されている被害者の会への参加は

記事内の発起人宛への連絡先へ直接ご連絡ください。

 

 

 

弊サイトでは中継をするだけの掲示板の様な役割しか持たず

発起人様、参加者様の管理等は行いません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ